中国のイベントに参加して

先月、中国のフリースケートイベントに参加してきました。
300名以上の中国人ライダーが集まる大きな大会です。
参加者数が多いのも驚きなのですが、さらに驚いたのはJMKスケートの普及率が90%以上だったということ。
会場のあちらこちらに色とりどりのJMKスケートが転がっている光景は圧巻でした。
去年の同じイベントではJMKスケートは数人しか乗っていなかったとのことです。
安いドリフトスケート(コピー品、中国系ブランドの総称)がたくさんある中国では、高価なJMKスケートの普及は厳しいという意見もありましたが、乗れば誰でもすぐ分かる高クオリティーのJMKRIDE品質でドリフトスケートとの差別化をしてきたのは間違いなかったということでしょう。
中国人ライダーも他国ライダーもみんなJMKスケートが乗りやすくて品質もよく、ベストのフリースケートだと大絶賛で喜んで私に話しかけてくれました。
Freeline社の撤退が決まり、たくさんの仲間とJMKRIDEを起ち上げてこのスポーツ普及のために努力してきましたが、これまで以上に大勢のライダーがこのスポーツを楽しんでいる姿を見ることができ、本当に感激しました。